ネット証券、メリット・デメリットは?初心者でも問題ない?

ネット証券にはメリットもデメリットもあります。

株売買をネットで完結してしまうと専門家とのコミュニケーション機会がないことです。

メリット・デメリットを知っておきましょう。

◆ネット証券は即時性が高く手数料もかからない。

ネット証券のメリットは、自宅に居ながらにしていつでも気軽に株の売買ができること。

売買手数料がかからないことなどです。

また即時性が高く、自分が売買を申し込んだそのタイミングで株の売買が成立します。

現代は1秒を争う時代ですから、ネットでも普通に売買を仕掛けていては有利な取引はできなくなります。

これは株の初心者であってもベテランのデイトレーダーであっても同じです。

したがって初心者は、まず最新の株式売買システムについて学び、自動化できるものは自動化して、効率の良い株取引を行うことが最優先課題となっています。

◆ネット証券のデメリットは専門家から学べないこと。

ネットは対面式ではないので、初歩的な株売買の質問や銘柄株・業界の流れなどについて、生身の専門家に質問する機会がないという点が気になります。

とくに初心者のうちは専門家からのアドバイスが重要ですから、できるなら証券会社店頭の担当者と親しくなり、雑談ができるような関係を結んでおいたほうが得策だと考えています。

少額を1日に何回も繰り返すような株取引では無理ですが、中長期的な期間での取引でなら、店頭に出向いてアドバイスをもらうことも可能です。

◆ネット証券は、株式投資の主流になりつつあるといいますが、それは取引形態であって、初心者にはもっと重要な一面があります。

ネット証券には多くのメリットがありますが、別の見方をすれば、専門家とのコンタクトがなく、株の初心者が知識を吸収していくという面ではマイナスです。

短期的売買、中長期的な売買の2つを使い分け、店頭にも通うようにしましょう。