経験者が注目する株式銘柄と初心者が注目する銘柄

経験者が注目する株式銘柄は、株価中心と成長株の2つを建て分けて売買します。

初心者は株価だけに熱中してしまいます。

両者の違いを知っておきましょう。

◆中長期的なスタンスを使い分けるベテラン。

株の初心者とベテランのもっとも大きな違いは、短期的にみるか長期的にみるかです。

たとえば株はベンチャー企業や株式公開直後の株は値動きが激しいので、短期的な視点から小刻みに売買を繰り返します。

株価の動きを見て差益を出すことに集中します。

一方で安定した価格の株式銘柄は中期的・長期的なポジションに据えて、経済ニュースなどから売買のタイミングを探ります。

セオリーですがベテランは少なくてもこのような使い分けをしています。

◆株価ばかりを気にするパチンコ型の初心者。

その一方で株の初心者はどうかというと、株の値動きばかりを気にして、やみくもに売ったり買ったりを繰り返してしまいます。

スタンスが極めて短期的で根拠がなく、しかも株価しか追ってい、パチンコの当たり台を探しているのと同じ状況に陥ってしまいます。

初心者なのに儲けを考えてしまう最悪のパターンです。

業界や株の銘柄を研究し、少なくても初心者のうちは、中長期的なスタンスから応援したい企業の株を購入しましょう。

値動きではなく、業界の流れ、企業の経営戦略・事業戦略に着目すべきです。

◆経験者と初心者では、株式銘柄の追い方が異なり、その結果、成果も違ってきます。

まずは経験者と初心者の株売買について、面白い記事を紹介しますね。

□記事はこちら・・・勝つ投資家は、買う、売る、休む の3リズムで相場を有利に操る

これから株売買を始める方はじっくりと腰を据えて基礎知識からマスターしていきましょう。

頭ではわかっていても、1日の損益にこだわってしまうのが初心者です。

とくに安い株を買って値上がりを待つやり方は、初心者が好むやり方です。

賭け事ではないので、株価だけを追うようなやり方は慎むべきです。

このような我流ではいつまでたっても上達しません。